通学の防犯対策。サービスの利用や料金は?

忙しい現代社会、子供を学校に直接車で送り届ける、あるいは一緒に付き添って学校へ行く、というのはなかなか難しい問題です。子供を送り出す時に「行ってきます」と家から出かけていく子供の後ろ姿を見るたびに、心配や不安は生まれるものです。 子供は好奇心の塊ですから、無事に通学したとしても、帰宅時に今度は寄り道をして、なかなか帰ってこないなんていうことも、当たり前のようにあります。 成長とともに親からの自立意識が芽生え、子供の行動範囲が広がるのは自然の形です。しかし子供が「心配だから」といって、子供の行動を無理に抑制してしまっては、豊かな子供の精神や感性などの成長の妨げにもなってしまいます。万が一の時の緊急時の対応ができれば、と考えている人も多いのは確かです。

緊急時や防犯目的としてのスマートフォンの利用を考える。

防犯目的で子供に持たせる道具はブザーや笛など様々ですが、その中の一つとして、スマートフォンを利用する保護者が増えてきました。近年では、スマートフォンの普及もあって、小学校低学年生からでも当たり前のように所持していて、持っている姿を見るのは珍しいことではなくなりました。 スマートフォンを持たせておけば、非常時や緊急時の連絡手段の確保ができることや、GPSを搭載しているので各種アプリケーションやサービスを利用することで、ある程度の子供の位置や場所を把握することができるというメリットがあるためです。 小学生でも高学年になれば、部活動や授業内容次第では遅くなってきますから、子供と連絡が取りやすくなるというのは魅力的です。通学時から帰宅の間、子供の居場所も把握しやすくなりますし、防犯目的にもつながります。

利用時におけるサービスの料金への不安や心配。

中学生や高校生になれば、帰宅時間は大人と変わらないという場合があります。通塾や稽古や部活動など、帰宅も遅くなり、さらには行動範囲も交友範囲も広くなり思うように連絡が取れないなんていうこともあります。携帯電話やスマートフォンに連絡やメールをしても、なかなか連絡がとれないなんていうことも増えてきます。 近年では、登録しておけば駅の改札口などを利用した時に自動的に保護者にメールなどで通知がくるなどというサービスもあります。サービスを利用すれば、おおよその行動範囲や帰宅時間まで把握できるようになるので、子供に連絡を頻繁にする必要性がなくなります。子供と連絡が取れないなどというイライラやストレスが無くなくなりますし、子供に必要以上の束縛感を与えることがなく、適度な距離感で見守ることができるようになります。 サービスを利用するにしても、料金が気になる所です。しかしこういった殆どのサービスは料金がとても安価で、内容的にも十分過ぎるものばかりです。サービスを上手く利用し、子供の成長だけではなく、子供の安心にも役立てたい所です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

通学の防犯対策。サービスの利用や料金は?

忙しい現代社会、子供を学校に直接車で送り届ける、あるいは一緒に付き添って学校へ行く、というのはなかなか難しい問題です。子供を送り出す時に「行ってきます」と家から出かけていく子供の後ろ姿を見るたびに、心...

通学時の防犯対策。行動範囲の把握が重要!

お子さまの通学はとても心配なものです。危険はないか?危ないところに近づいてはいないか?怪しい人はいないだろうか?しかし、私達大人がすべてを見守れるわけではありません。だからこそ、見守れる場所を精一杯見...

通学、通塾には学校に持っていける防犯グッズが必要

学校や塾で自分の目の届かないところに子供がいると不安になります。もしかしたら何かに巻き込まれていないかとか、いつもなら帰ってきているはずだけどまだ帰ってこないとか気になります。あまり干渉しすぎても子供...