通学、通塾には学校に持っていける防犯グッズが必要

学校や塾で自分の目の届かないところに子供がいると不安になります。もしかしたら何かに巻き込まれていないかとか、いつもなら帰ってきているはずだけどまだ帰ってこないとか気になります。あまり干渉しすぎても子供の自立の障害になりますし、まったく干渉しなければ子供があらぬ方向に行ってしまう心配もあります。 特に防犯に関してはやりすぎるということはありません。日頃から自分の身は自分で守ると教えておく必要があります。ブザーや携帯電話など様々なグッズはあります。いざというときにそれを使うことができるかといったらできない可能性もあります。一番いいのは普段の生活を普段通りに送ることができて、両親もその安全な様子がわかるということが最大の防犯になります。そのために「まもレール」はあります。

「まもレール」を使えば、親も子供も安心

年頃の子供はあまり親の干渉を良くは思いません。放っておいて欲しいと思う気持ちもわかります。しかし、親心としては不安をどう処理していいかわかりません。携帯電話で逐一今どこにいて何をしているかを連絡してもらうようにしたとしても子供がそれを守るかはわかりません。また、連絡してくれたとしてもそれは子供の負担になっているかもしれません。同級生などの目を気にする時期の子はそのような連絡を嫌がる可能性もあります。 「まもレール」であれば子供にそのような負担をかけずに今のどこにいるかを把握することができます。連絡を忘れるということもありません。ただ携帯してタッチすればいいだけなので、お互い干渉しすぎずに安心できるという関係を保つことができます。親だけの考えを押し付けずに子供の気持ちを考えるととてもよいシステムと言えます。

「まもレール」のある生活をとりいれよう

「まもレール」を始めるのは難しいことでありません。普段使っているICカードを使用することができるので特別な初期投資は必要ありません。そして、月額は500円と非常にリーズナブルな価格設定になってます。何よりも連絡を忘れることがないというのはとても安心できます。携帯電話で逐一連絡してもらうようにするとその連絡を忘れたときに連絡がこない親としては不安になります。「まもレール」であれば通学中に改札でタッチをするだけで今どこにいるかがわかるため、確実な情報がわかります。 学校に携帯電話の持ち込みを禁止しているところでは公衆電話くらいしか連絡の手段がありません。その場合も「まもレール」があれば、通学のときにいつ電車に乗ったの通知を受け取ることで安心することができます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

通学の防犯対策。サービスの利用や料金は?

忙しい現代社会、子供を学校に直接車で送り届ける、あるいは一緒に付き添って学校へ行く、というのはなかなか難しい問題です。子供を送り出す時に「行ってきます」と家から出かけていく子供の後ろ姿を見るたびに、心...

通学時の防犯対策。行動範囲の把握が重要!

お子さまの通学はとても心配なものです。危険はないか?危ないところに近づいてはいないか?怪しい人はいないだろうか?しかし、私達大人がすべてを見守れるわけではありません。だからこそ、見守れる場所を精一杯見...

通学、通塾には学校に持っていける防犯グッズが必要

学校や塾で自分の目の届かないところに子供がいると不安になります。もしかしたら何かに巻き込まれていないかとか、いつもなら帰ってきているはずだけどまだ帰ってこないとか気になります。あまり干渉しすぎても子供...